東京オリンピックの注目競技「柔道」の見どころは?

日本のお家芸と言われた柔道、日本発祥のスポーツで過去には山下泰裕や田村亮子などスターがおり、オリンピックではもっともメダルを獲得してきた競技と言えます。しかし、ロンドン五輪やリオ五輪など直近のオリンピック成績を振り返ると、日本人選手の活躍に少し物足りない印象を受けるでしょう。競技ルールの変更や、フランスを始めとするヨーロッパの躍進、アジアのレベルが上がったことにより、かつてほど日本人選手のアドバンテージはなくなりました。しかし、今回の開催地は日本です。日本柔道の威信をかけてメダルラッシュが至上命令となっています。そして、その期待に応えるだけのポテンシャルを持った注目選手は数多くいます。

男子で金メダルが期待されているのは大野将平です。73kg級の選手で、得意技は大外刈りと内股です。リオ五輪で金メダルを獲得したことから、2大会連続の金メダルが期待されています。2019年、東京で行われた世界選手権でも優勝し3連覇を果たしました。男子柔道金メダルの最有力選手です。

阿部一二三も金メダルを獲得しようと野心を燃やしている選手です。阿部一二三は66kg級で、2018年に世界選手権を制しました。得意技は背負投と袖釣込腰です。阿部一二三選手には阿部詩という妹がいますが、この選手もまた金メダル候補です。階級は52kg級で、得意技は内股と袖釣込腰、2018年には世界選手権を制して兄妹で世界チャンピオンとなりました。東京オリンピックで兄妹金メダルとなるか注目です。

女子柔道のエースと言われているのが57kg級の芳田司です。世界ランキング1位の実力者で、内股や寝技を得意としています。世界選手権で3大会連続決勝進出を果たしており、2019年の世界選手権は銀メダルを獲得しました。芳田司には芳田真という妹がおり、こちらもまた柔道選手です。48kg級を担当していて、世界ジュニア選手権で好成績をおさめています。芳田真選手は東京五輪以降のオリンピックで活躍が期待される選手ですが、もしかしたらシンデレラガールになるかもしれません。

東京五輪の開催が近づいてくると、熾烈な代表選考会も始まります。ここで日本人選手はかつてはオリンピックよりも厳しいと言われた日本予選を勝たなければなりません。今回は開催地が東京となるため是が非でも出場したいと思う選手は多いでしょう。注目選手が多く、非常に過酷な代表選考会が予想されます。